予備校

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

予備校を取り巻く現状

既にご承知のとおり、少子化はどんどん進んでいます(といってもしばらくは減少率が停滞する“踊り場”となりますが)。18歳人口がピークを迎えた1992年には、大学や短大への進学率は40%弱、入学率も約65%で浪人生は29万人を大きく超えていました。ところが、2008年には進学率が約55%と半数を超え、入学率も約90%とほぼ10人のうち9人まで入学できる時代となりました。こうなると当然、浪人生は減り、その結果として、ピーク時の3分の1以下になりました。

予備校は現役生も受け入れていますが、主な収入は、やはり浪人生の本科コースです。ピークの92年には浪人生も多かったことから、とある大手予備校の校歌の中に「♪集えるわれら8万の~♪」という歌詞まであります。確かにピーク時は8万人くらいいたのでしょうが、今やどこの大手予備校も2万人台ではないかといわれています。

各予備校とも経営状態は厳しくなっており、リストラを進め、職員の給与は何年も据え置き、ボーナスはすずめの涙、無意味な地方校舎への異動など、厳しさを増しています。講師もコマ単価(1授業あたりの給料)を抑えられるか、授業時間数を減らされるなどで収入が伸び悩んでいるという話を、直接、講師から聞いたことがあります。今や、予備校職員や講師は、自らの不遇に耐えながら浪人生を合格へと導くために一生懸命頑張っているのです。そして、自分たちの予備校だけは生き残るぞ!という意気込みで頑張っているのです。

そうした生き残りをかけたさまざまな策のひとつとして通信衛星授業があります。代ゼミは自前の衛星回線を使って「サテライン」という名前で講座を持ち、それを高等学校や地方の塾などに配信しています。最近はオンデマンドで瞬時に自分の受けたい授業を取り出せる仕組みを作っています。河合塾も「サテライト」授業をやっていますが、代ゼミほど力が入っておらず、どちらかというと「生授業」を売りにして、「だからいつでも質問ができる」と、代ゼミとの差別化を図っています。どちらかというと河合塾は、現役生に力を入れ始めているようにも見えます。浪人生が減っていますから当然のことかもしれません。

その他には個別指導があります。地方をはじめとする塾では、随分前からやっていましたが、近年の「面倒見の良い塾に行きたい・行かせたい」という本人と保護者のニーズの高まりから、今までずっとマスプロ授業だけを続けてきた大手予備校も無視することができなくなりました。ちなみに、代ゼミでは衛星授業に出ている講師が個別指導もやっています。もちろん関東地方だけになってしまいますが、値段もそれなりになるようですので、「ウチはお金持ちザーマスからボクちゃんにどうかしら?」という方にはもってこいかもしれません。

冬の時代を迎えた予備校は、今後も生き残りをかけて、時代のニーズに敏感に対応しながら、新たな進化を遂げることでしょう。

スポンサード リンク
?予備校コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.