予備校

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

選抜クラスの基準はかなり甘い

予備校には、本科コースというのがあって、大概は志望校別にコース設定がされています。そのコースには、例えば「東大文系コース」とか「京大理系コース」といった大学名がついています。当然、受験生は、そうした大学に入学したいという思いからその大学名のついたコースに入学をしようとします。しかし、大半の生徒は、そうしたコースが掲げている大学に入るには成績上、厳しい生徒が多いのが事実です。

確かにそうした難関大学のコースに入るためには、実際にそのクラスで授業についてこれるかどうかを見るための選抜試験を受けてもらうことになります。しかし、予備校としては、受験生が「希望する選抜クラスに入れないから、他の予備校に行こう」となることを嫌って、基準を甘く設定しています

それに、3年生の時に受けた模試の結果次第では、「選抜クラス入学認定書」みたいなものが自宅に届いたりします。これもどちらかというと、「ウチの予備校だったら希望するコースに入れますから、ぜひウチに来てください」というダイレクトメールですから、こちらも選抜試験同様、基準は甘く設定してあります。

ですから、わたしが予備校にいた頃は、「えっ、この成績で東大希望なの!?」と言いたくなる生徒が、大勢いました。当然そうした生徒が大半を占めていますから、合格実績としても大変厳しいものになってしまいます。いくら受験生の尻をたたいても、基礎学力や応用力が不足していますから、1年では到底間に合わないのです。

しかし、受験生やその保護者の方には、そうは映りません。「東大に通すためのコースだから、こんな成績でも1年後には東大に合格できるのでしょう?」とか「ひどい成績であっても高いお金を払うわけだから当然合格させてもらわないと困る!」となるわけです。言い訳するわけではないのですが、本人にある程度の土台がないと厳しいのは事実です。

確かに入学時には、箸にも棒にもかからないような生徒が国立大学へ入学するという例は結構ありました。でも、それは決して偶然とかではなく、本人の「どうしてもあの大学に合格したい」というやる気と努力とそれを支える環境が揃ったからです。

予備校は、合格をさせるべく日々努力をしています。より良い環境を提供しようと設備投資もしっかり行なっています。しかし、最も大切なのは、受験生自身のやる気なんです。予備校は、本人のやる気を引き出すための環境を作るところです。そしてやる気のある受験生にはそれを惜しみなく提供します。「予備校に入ったから、もう安心」では、決して合格できません。受身の受験生に良い結果は訪れないのです。

合格するためのコース選びについては、別の項目で詳しく説明したいと思います。

スポンサード リンク
?予備校コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.