予備校

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

地元密着型予備校

全国展開をする大手予備校とは対照的に、地元に根ざした予備校というのもあります。

メリットとしては、規模もさほど大きくない分、アットホームなところが多く、面倒見がよい、ということが挙げられます。また、講師とチューターの両方受け持つケースも多いため、生徒との距離感も近く、学習状況や性格を把握し、生活面にいたるまで、ひとりひとりに的確なアドバイスを行なっています。

また、地元大学の入試問題分析に優れ、その対策に評価の高い予備校も多くあります。あと、地元の予備校であっても3大予備校と提携しているところもありますので、地元密着のいいところと大手予備校のいいところの両方を備えている予備校もあります。模試については、オリジナルの模試を実施するところもありますが、母集団が小さいため精確なデータが出ません。そのため、多くの予備校では、3大予備校や全国規模で実施される業者のいずれかの模試を取り入れています。

デメリットとしては、全国規模ではない分、地元以外の大学の入試問題分析があまりできていない、ということが挙げられます。地元以外の大学を視野に入れている方には多少不利になるかもしれません。

また、先ほどメリットとしてあげた「講師がチューターも兼ねている」ということは、実はデメリットでもあり、特に進学指導や教科指導においては、講師自身の担当教科に指導が偏りがちになるということが挙げられます。例えば、講師の担当教科が英語だった場合、本人の苦手科目は数学だとしても、そのあたりのアドバイスは適当で、必要の無い英語の学習法ばかりアドバイスされ、面談時間を無駄に過ごしてしまうということも起きてきます。

また、あまり注意が行かないこととして、設立形態が挙げられます。ここでいう設立形態とは「学校法人」か、「それ以外」か、ということです。わりと地元密着型には「学校法人」ではないケースも見受けられますのでそこは注意が必要です。学校法人のメリットとしては、「通学定期」扱いになったり、学割が利いたりしますが、それ以外の、例えば株式会社の場合は、そうしたメリットが無いため、「通勤定期」だったりします。また学割が利かないため、受験の際にはその分経費がかさみます。

このように地元密着型予備校には、さまざまなデメリットがありますが、それを補う以上のメリットを特徴として生かしつつ依然として根強い人気があります。

スポンサード リンク
?予備校コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.