予備校

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

通信衛星予備校

通信衛星を使って授業を配信するという手法は、1988年4月に河合塾が始めましたが、その後、代ゼミ、東進、駿台と各大手予備校も相次いで乗り出してきました。

通信衛星授業のメリットは、「通信衛星授業の勝ち負け」のところでも述べたように、各予備校の人気講師が担当しています。そのため、各予備校の本部校で行なわれている人気講師の授業を地方でも受講できるというのが大きなメリットとして挙げられます。

人気講師の授業は、目からうろこを何枚も落としてしまうくらい説明が丁寧で分かりやすく、「?」が「!」になるような授業を毎回展開できる実力の持ち主たちです。そうした合格へと導く授業が全国の、例えば山の中にあるような田舎の塾でも受講でき、全国津々浦々まで本部校のある大都市圏と同じ高い質の授業を受けることができます。これにより、地方であることのデメリットは解消されるのです。

また、こうした授業を受信するため、大手予備校と手を結ぶ地方の塾や予備校が増えています。そうした塾・予備校では、授業を一旦DVDに落とし込み(あるいは、既にDVD化された講座を塾がまとめ買いして)、それを生徒自身が都合のいい時間帯に個別ブースで受講できるというスタイルをとっています。クラブ活動や学校行事、他の塾との兼ね合いなどで、なかなか自由が利かない生徒にはうってつけといえるでしょう。

しかし、デメリットもいくつかあります。ひとつめは、授業を受ける教室に講師がいませんので、生授業に比べ緊張感に欠けます。なかには、堂々と居眠りを決め込む生徒までいます。大概、教室には教室管理担当の職員やアルバイト、塾によっては同じ科目の講師がいたりしますが、教室の後ろの方に生徒と同じ向きに座っているケースも多く、目線が相対していないため、気持ちに緩みが出てしまうことがあります。

2つめとして、特に代ゼミのように実際行なわれている授業の中継となると、カメラワークによっては、板書をノートに書ききれないうちに画面がかわってしまったり、チョークの色も白と黄色の区別がつきにくかったりしますので、板書の書き写しには苦労がついて回ります。しかし最近では、ワイプ画面(ひとつの画面の中にもうひとつの画面を入れ込むこと)を使って、長い板書箇所を画面中に残したままにするという方法も取られています。

3つめとして、「通信衛星授業の勝ち負け」でも触れましたが、授業中の不明箇所が出てきた場合の質問方法に、講師に質問ができない・しづらい、といったことが挙げられます。通信衛星授業を受信している地方の塾では、同じ教科の講師が教室管理をしながら受講しているため、授業の流れのなかで出てきた質問に対して回答しやすい環境が作られています。

しかし、多くの予備校では、本部校へFAXで質問を送り、その返事を場合によっては1週間くらい待たなければならないこともあります。分からないことはすぐに解決することがベストなのですが、双方向になっていないことがデメリットになっています。生授業だけを扱っている塾や予備校から、よく「通信衛星授業は一方通行」と揶揄されますが、当らずとも遠からず、といった感じです。最近では、そうした言われ方に対抗して、地元の有力大学から学生をアルバイトで雇い、生徒と同じ授業を受けさせ、質問に答える体制を取っている塾や予備校が増えてきています。

スポンサード リンク
?予備校コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.