予備校

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

合格実績の見方と注意点

各予備校とも、2~3月の募集期にもなると、校舎内に「東大○○名、京大○○名、国公立大医学部○○名」といった感じで、合格した人数を貼り出します。昔は、どこの予備校も合格した“個人名”を全部貼り出していましたが、個人情報保護の観点からほとんどの予備校では見られなくなりました。

予備校が合格実績として認めるのは、多くの場合、本科コースと現役コース、単科生の実績です。ここまでの人数であれば「良心的な予備校」です。これに講習会を含む場合もあります。この場合は、「まあまあな予備校」で、人によって評価が分かれるところだと思います。

ところが、なかには、合格実績を増やそうと、模試受験者を単科生や講習会生と同じ扱いにしてカウントしているケースもあります。模試受験者は、講座を申し込む人よりも多くいますので、実績人数稼ぎにはもってこいの人たちなのです。こうした数字を実績として出している予備校はあまり信用できません。「行かないほうが無難な予備校」というラベルを貼ってしまってもいいでしょう。

ところで、募集期には、新聞広告に合格者の「喜びの声」というのが掲載されます。以前、わたしがいた予備校に在籍していて、授業も毎日キチンと出席。みごと東大に合格した生徒の名前が、他の予備校の「喜びの声」に掲載されていたことがありました。何かの間違いだと思い、本人に確認したところ、以前“その予備校”から特別奨学生として認定され、無料で世界史を申し込んでいたが、授業は大したことなかったので、まったく行ってなかった。ところが、合格発表後、突然家に電話がかかってきて、10万円の奨励金(?)を差し上げるのでコメントを書いて欲しい、と言われ書いた、というものでした。その生徒を責めることはできないのですが、“その予備校”のやり方には、受験生に対する不誠実さを感じてしまいました。

検討している予備校で合格実績について尋ねる場合、必ずどういった立場の生徒までを含んだものなのかについて尋ねておきましょう。

予備校の実力は、いろんな物差しで計ることができますが、そのひとつに「大学別入学率」が挙げられます。ほとんどの予備校では出していないとは思いますので、尋ねたところであいまいな返事しか返ってこないと思いますが、もし、分かるのであれば、後日でも構わないので教えてもらうようにしましょう。

ひとつの予備校から聞けたら別の予備校に「あそこの予備校は教えてくれたのに、教えてもらえないのなら検討すらできない」とチョットだけごねてみると、もしかしたら教えてもらえるかもしれません。それでも教えてもらえないのなら、高校の進路の先生を通じて聞いてみてもらってください。予備校の営業担当がこっそり教えることがあります。

その他の方法として、高校の進路の先生に自分の高校出身の生徒が、その予備校から志望校に何人受験して、そのうち何人合格したかを聞いてみるとある程度は分かると思います。高校へは、2月から5月くらいまでの間に、各予備校から在籍生の合否状況を知らせていますので、先生にはそこでの情報をキャッチしてもらうよう事前に話しておくのがいいと思います。

スポンサード リンク
?予備校コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.