予備校

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

料金体系の目安を知る

予備校に入学するにあたって、お金は大体どのくらいかかるかご存知ですか?大手予備校のざっくりとした金額で言うと、入学金でだいたい7~10万円、授業料で40~70万円くらいです。代ゼミだと、国公立大コースと私立大コースで金額が変わってきます。これは、国公立大であればセンター試験対策の科目が5教科分あります。

そして、入試の直前になっても二次試験対策の授業が設けられていますので、授業時間数も多いということでその分私大コースと比べると高くなっています。逆に私大コースの場合だと、一般的に3科目での受験となります。年が明けてからは、多くの私大が2月から入試を始めますので、授業もほとんどありません。そうしたことで料金に違いがあります。

予備校で必要なお金は、入学金・授業料だけでは済みません。必須ではないにせよ、オプションで受講可能な単科ゼミと言うものがあります。これは、自分が取りたい科目をカフェテリア式にアラカルトで授業を取ることができる授業のことで、コースの授業だけでは物足りないという生徒や、苦手科目克服のために受講する場合や、また、得意科目をさらに高いところまで上げていくことを目的に取るための授業です。

これは、生徒によっても目的も科目数もまちまちで、具体的に1人あたりの申込講座数がどのくらいかまでは、分かりませんが、わたしが見ていた頃の感覚では、だいたい1人あたり2~5科目くらい取っていたように思います。単科ゼミは、講座によっても授業料が異なります。また、大学受験科のコース生であれば、半額になったり、特典もついてきます。予備校によっても異なりますが、これだけでは、だいたい3万~15万円くらいです。

季節ごとの講習会があります。最近では、どの予備校も何科目くらい取ったらよいか、という具体的な「合格プラン」を示しています。それによると、夏期講習会では8~10科目くらい、冬期講習会では6科目、直前講習でも4科目となっています。講習会も季節によって若干料金も変わってきます。これは1講座あたりの時間数が夏に比べて冬は短かったりするためです。1講座あたり、夏期講習会で18000円前後、冬期講習会で15000円前後です。単純に各予備校が示す「合格プラン」どおりに講座を取っていくと、夏期講習会でざっと14~15万、冬期講習会と直前講習会で12~13万円というところです。

その他、模試については、それを主催する大手予備校では大学受験科の生徒は無料で受験可能です。しかもその多くは、必須模試としての役割があり、できるだけ受けてもらう必要があります。そうしたことからも無料扱いにしていますので、必ず受けておきましょう。

スポンサード リンク
?予備校コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.