予備校

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

今だから出来ることを今日から

新聞も含め、読書は「広くたくさん」

推薦入試では、多くの大学で小論文が出題されます。そのときに幅広い知識や考え方が身に付いているかどうかが問われます。新聞や本(特に評論文など)を読むときは、ただのんべんだらりと読むだけではなく、書かれてあることについて、自分自身はどう考えるかということを常に意識しながら読むように心がけてください。

英和辞書、古語辞書、国語辞典はいつも手元に

分からないことの積み重ねが積もり積もって不得意科目を作り上げていきます。今、分からないと思ったら即、調べる!というクセをつけるようにしてください。特にこういった辞書は重くて持ち運ぶのにおっくうになって、ついつい学校に置きっぱなしになっている人もいるかもしれません。ですが、最近では電子辞書というものがあって、これらの辞書が手帳サイズで持ち歩けるものが出ています。

英語は毎日やりましょう!

英語は文系も理系も必要な科目です。ですから、ほぼ全員が入試で必要になるということです。英語でまず重要なのが、単語と熟語です。

人間の赤ちゃんを思い浮かべてほしいんですが、まず赤ちゃんが話し始めるのは、「まんま」とか「ぶーぶー」といった単語です。そして、単語が身に付き始めたら、それをつなげて文章にしていきます。「ぶーぶー、きた」という感じです。これは、文法を身につけ始めてきたということです。そういった具合に、英語についても段階的に身につけていくことで、長文が話したり、書けたりするようになります。

全ての教科についていえることですが、単語や文法というのは「知識」です。この「知識」というのは「道具」と同じです。まず「手に入れる」ことが大切です。つぎに、その道具、つまり知識を使いこなせるように、「練習」をする必要があります。これは、問題を解くということに当たります。

そして、練習を積み重ねた上で、いよいよ「試合」、つまり試験に臨むということになります。皆さんの中には、苦手科目にとても時間をかけているけど、成績が全然伸びないという人もいるかもしれません。そうした人は、ほとんどの場合、この知識「道具」を手に入れずに練習を始めてしまっている人です。例えば、野球をするのに、バットも持っていないのに素振りをしようとしても、まともな練習が出来ないのはおわかりかと思います。段階を追って学習することがとても大切なんです。

「なんとなく」過ごすことはやめよう!

これまでの話で何度も出てきましたが、「目標を決める」ことはとても大切です。ただ何となく過ごしていると、あとで「ああ、あのときもっと頑張っておけばよかった」とか思うことになります。受験に限らず、何に対しても、まず目標設定をすることはとても重要なことです。

ここにある項目は、「明日から始める」ではなく、すべて今日から始めて下さい。

スポンサード リンク
?予備校コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.