予備校

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

体験授業は必ず受ける!

最近は、どこの塾や予備校でも「体験授業」を無料で実施しています。講義内容やレベル、講師の教え方などを事前にチェックすることで、自分との相性を見定めて受講する事業を決めるということをぜひやっていただきたい…

»詳細を見る

職員に聞きまくる!

各予備校とも、2月下旬から4月上旬にかけて、新年度の募集期間になります。そうした時期には、ロビーに、普段は見かけない「ガイダンスコーナー」というものが出現します。長机といすを置いて、その周りには昨年度使…

»詳細を見る

他人の意見を参考にする際の注意点

2~3月の募集期ともなれば、各予備校とも激しい宣伝合戦を繰り広げます。そこでは、「ウチの予備校こそが合格に一番近い」とか「合格実績ではナンバー・ワン」とか謳っています。しかし、それらはあくまでも予備校の…

»詳細を見る

合格実績の見方と注意点

各予備校とも、2~3月の募集期にもなると、校舎内に「東大○○名、京大○○名、国公立大医学部○○名」といった感じで、合格した人数を貼り出します。昔は、どこの予備校も合格した“個人名”を全部貼り出していまし…

»詳細を見る

立地と施設も厳しくチェック

ひとつの予備校を選んで入学手続きをしたその日から、その予備校にはどんな天候であろうとも毎日通う覚悟を決めて欲しいと思います。その毎日通う予備校ですので、立地がけっこう重要になってきます。これについて2つポ…

»詳細を見る

コース設定と人数を見極める

予備校の大学受験科には必ずコース設定があります。自分の希望する大学のコース設定があることはもちろんですが、そのクラスの人数がどうか、ということも知っておく必要があります。そのあたりを見ていきましょう。

»詳細を見る

料金体系の目安を知る

予備校に入学するにあたって、お金は大体どのくらいかかるかご存知ですか?大手予備校のざっくりとした金額で言うと、入学金でだいたい7~10万円、授業料で40~70万円くらいです。代ゼミだと、国公立大コースと…

»詳細を見る

講師とテキストを事前に確認する

ここでは予備校の核となる「講師とテキスト」についてみていきます。とにかく、講師がいない予備校は存在しないし、テキストがない授業も存在しません。それぞれが予備校にとってなくてはならない存在であることは間違…

»詳細を見る

フォロー体制の充実度を比較する

各予備校とも「面倒見のよさ」が消費者ニーズであることを承知していますので、サービスの向上の一環としてフォロー体制を強化しています。ここでいうフォロー体制とは、講師室で講師が生徒の質問に答える、ということ…

»詳細を見る

模擬試験はできる限り受験する

3大予備校といわれている駿台、河合、代ゼミは、何れもオリジナルの模擬試験を持っています。そして、それぞれの模試には特徴があり、好みも分かれるところ。模試という視点から各予備校を見てみましょう。

まず、…

»詳細を見る

進学情報のチェック体制を確認する

このコラムでは、「国公立大学」と表記していますが、実際は「独立行政法人」となっており、徐々に国からの補助金は減らされています。一方で、人事権をはじめいろんなところで国からの規制がはずれ、ある程度自由にな…

»詳細を見る

学生寮に入る場合は事前に見に行く

自宅から予備校までの距離が遠くて通学には向かない場合、学生寮に入ることをオススメします。学生寮は、受験生にとって理想的な環境だからです。もちろん、それを感じるのに個人差はあると思いますが、少なくとも勉強…

»詳細を見る
スポンサード リンク
?予備校コンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.